賃貸借契約の途中解約の手続きと注意点は?トラブルなく解決!の画像

賃貸借契約の途中解約の手続きと注意点は?トラブルなく解決!

賃貸借契約の途中解約の手続きと注意点は?トラブルなく解決!

賃貸物件の契約期間って2年だから、2年経たないと解約できないんじゃないかと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、2年経たなくても、途中解約をおこなうことは可能です。
そこで今回は、賃貸借契約を途中解約するための手続きと注意点をご紹介します。

賃貸借契約を途中で解約するときの手続き方法とは?

解約連絡と退去届(解約届)提出

多くの不動産会社が定めている解約予告期間である1ヶ月前までに物件の管理者に退去を行う日を報告します。
そして、退去届(解約届)を郵送やFAXで送りましょう。
郵送やFAXを用いた方が、履歴を残しながら会話ができるため、間違えが少なくなります。

電気・水道・ガスの転居手続き

各所へ連絡し、転居手続きをおこないましょう。手続き申し込みは、退去の1週間前までが期限です。

郵便物の転送届

引越しした際、新住所へ送ってもらえるように転送届を出しておきましょう。

住民票

現在住んでいる住所の管轄の役所へ転出届を出します。
印鑑と身分証明書を持参してください。

退去立ち会い

賃貸物件の管理者とともに退去の立ち会いを行います。
これは退去後の部屋の汚れや傷を、借主と貸主のどちらが負担するか明確にするためにおこなわれます。
退去立ち会いが無事終われば、鍵を返して、退去完了です。
続いて、賃貸借契約を途中解約するときの注意点を解説します。

賃貸借契約を途中で解約するときの注意点とは?

違約金がかかる

結論から言うと、賃貸借契約の途中解約をおこなうと、違約金がかかる可能性があります。
賃貸借契約を交わした物件によりさまざまですが、賃貸借契約書の重要事項説明の欄に必ず明記されています。
違約金の金額が変わる場合や、違約金が発生ないケースもあります。
そのため、自分が契約している賃貸借契約書をよく読んで対応するようにしましょう。

記録を残す

多くの物件では解約する際に申告しなければなりません。
ここで、注意したいのが、伝えたのか、伝えてないのか、曖昧になることです。
曖昧にしないために、郵送やメール、FAXを使うことをおすすめします。

解約月の家賃

解約月の家賃の請求は、どのようになるのか知っておく必要があります。
この内容に関しても、賃貸借契約書に記載されています。
日割り、月割りなど請求方法もさまざまなので、解約するタイミングには注意が必要です。

まとめ

今回は、賃貸借契約の途中解約するための手続きと注意点についてご紹介しました。
賃貸物件を途中解約するにあたって、条件は人それぞれなので、各々で賃貸借契約書を確認しなければなりません。
このように注意点は多くはありますが、一つずつ解決をしながら、賃貸物件の契約や解約に臨むことをおすすめします。
私たちCHINTAI ROOMでは、神戸市中央区エリアを中心に賃貸物件を多数ご紹介しております。
ペット飼育可物件もございますので、お気軽にお問い合わせください!
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら