インターネット無料の賃貸物件とは?インターネット対応物件との違いを解説!の画像

インターネット無料の賃貸物件とは?インターネット対応物件との違いを解説!

インターネット無料の賃貸物件とは?インターネット対応物件との違いを解説!

賃貸物件の部屋を探していると「インターネット無料」や「インターネット完備」などの言葉を見かけることがあるかと思います。
しかし、インターネット無料の物件とは具体的にどのような物件なのか、わからない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は、インターネット無料の賃貸物件とはどのような物件か、インターネットに対応している物件とどう違うのかについて解説していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

インターネット無料の物件とはどんな賃貸物件?

インターネット無料の賃貸物件とは、募集広告などに「インターネット完備」と記載されている部屋のことです。
具体的には、大家さんがあらかじめインターネットの回線契約をおこなっており、各部屋まで回線が開通している物件となります。
物件の借主である入居者本人が配線工事やプロバイダと契約しなくて良いため、パソコンさえ持参すれば入居直後からインターネットを使えます。
また、Wi-Fiが使えるケースが多いため、ルーターが設置されていることもあります。
部屋にルーターが設置されていれば、スマートフォンやタブレットなどの通信費用を節約できる可能性があります。
ただし、物件に必ずしもルーターがあるとは限りません。
ルーターがない物件でWi-Fiを利用するためには、各自でルーターを用意する必要があります。
また、インターネット完備の物件ではインターネットの速度が遅かったり、回線を共有しているために回線が混み合う時間帯があったりするデメリットがあります。
さらに、回線によってはセキュリティが不十分な可能性もあるため、注意が必要です。

インターネット「無料」と「対応」の賃貸物件!2つの違いとは?

賃貸物件に関する情報を見ていると、インターネット無料やインターネット完備のほかに、インターネット対応という言葉を目にすることがあります。
インターネット対応とは、各部屋への配線工事はしていないけれど、建物までの工事は完了しているという意味です。
各部屋に配線を引き込む工事や、プロバイダとの契約は各自でおこなう必要があるため、インターネット完備の物件と違って入居後すぐにはインターネットを使えません。
また、入居者本人がプロバイダと直接契約を結ぶため、インターネット完備の物件と違ってインターネットの使用料も各自が支払います。
ただ、回線を物件全体で共有することの多いインターネット完備の物件に比べて、好みの速度でインターネットを契約できたり、回線が混み合わなかったりするなどのメリットがあります。

まとめ

インターネット無料の物件とは、物件を所有している大家さんがインターネット回線を契約しており、入居直後からインターネットを利用できる物件のことです。
それに対し、インターネット対応とは物件までの配線工事は済んでいるけれど、各部屋への工事とプロバイダ契約は入居者本人がおこなう物件となります。
どちらが自分の生活スタイルに合っているか考え、最適な方法を選択してください。
神戸市のお部屋探しでお困りでしたら、私たちCHINTAI ROOMお任せください!
中央区や東灘区を中心に豊富な賃貸物件の情報を取り扱っておりますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら